「俺達は右でも左でもない。ただ日本が好きなだけ」
英霊来世:HOME

Music

開戰 発売にあたって


(この文章は、平成22年1月1日に執筆されたものです)
「開戰」ジャケット

2010.11.24 CSCD-0010  
Great Far East Records 
定価 1,000円(税込)

TEXT BY : 斉藤"七生報國"俊介

謹んで新春のお喜びを申し上げます。
並びに平素から格別なご指導を賜り、篤く御礼申し上げます。

さて、我々英霊来世は、お陰様を持ちまして、去る元日にCDを発売させて頂きました。
タイトルは「開戦」とさせて頂き、CDのジャケットには虎をあしらっています。

ですが、寅年の新年に寅のモチーフを採用したわけではございません。
実は、諸事情により発売が遅れてしまいましたが、
本来は12月8日に発売させていただく予定でございました。

12月8日と言えば、云わずと知れた開戦の日ではございますが、
我々の世代では、開戦の日は8月15日の終戦の日ほど広く知られてはおりません。
開戦の日とは、どんな日であったでしょうか。

有色人種で唯一、白人の覇権主義、植民地支配に立ち向かった、
その大きな一歩目を刻んだ日であると共に、
その偉業は、それまで同じ状況で苦しんでいた非白人の国々にも希望を与えました。

今日でも一部を除くアジア諸国はその偉業と勇気に対して
感謝と尊敬の念を抱いているにも関わらず、
我々の同世代は、残念ながらそれを知る機会を与えられておりませんでした。

我々の先人達の偉業を、それを称えるべき日を、
まず若い世代にも知って頂きたい。
そしてその偉業と、その一歩目を踏み出した日を後世に伝えると共に、
絶望的な状況を自ら打破しようとした先人に倣い、
現代に生きる我々は、その遺伝子を受け継ぎ、
今、目の前にある困難に立ち向かうべく、
ここに我々の戦いを開戦しようという思いを込めて
今回の作品を作らせて頂きました。

我々の戦いとは、音楽という方法で、まず、
偏向報道に晒され、真実を知らされていない一般の方にも知って頂くこと。

そして音楽を通して仲間を、同士を増やし、繋がりを強固にし、
さらにその輪を、うねりを大きく広げていくこと。

英雄の遺伝子を揺さぶり起こし、士気を鼓舞し
その結果、我が国がより良き方向に進んで行ければと、
そんな想いを持って作らせて頂きました。
今、我々が直面している危機など、
先人達が立ち向かわなければならなかった危機に比べれば何ほどのこともありません。
今立ち上がらねば間に合わないかもしれません。
しかし、今立ち上がればまだギリギリ間に合います。

微力では御座いますが、我々の音楽で、若い世代が自分達の祖国に対する興味を持つきっかけになれれば、
三角形の底辺を少しでも広げることができれば思って活動しております。

我々英霊来世は、音楽という戦い方しか出来ませんが、
我々の戦いは必ずやり遂げるという決意の程をお察し賜れれば幸いです。

今年こそ、寅年に「トラトラトラ」と行ける様、
心のニイタカヤマを駆け登りたいと思います。

本年も是非、ご指導ご鞭撻賜れます様、
宜しくお願い申し上げます。

平成22年1月1日
    英霊来世(エーレイライズ)/AreiRaise
            斉藤"七生報国"俊介

>>戻る


HOME > Music >
Copyright © 2010 AireiRise. All Rights Reserved.